もうひとつの本棚(侍日誌)
瀕死の中年親父による癒しと感動日記(心ピカピカですか?)
スポンサーサイト
-------- (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
インドでわしも考えた(椎名誠)
2012-08-08 (水) 22:11 | 編集
25年以上前のこと、単行本の初版が友人の部屋にあったのを覚えている。
インドでわしも考えた (集英社文庫)インドでわしも考えた (集英社文庫)
(1988/01/20)
椎名 誠

商品詳細を見る

藤原新也著の『インド放浪』の青年は何か哲学的で、写真もどこか切なく、セピア色にくすんでいて思想の深さや、神秘的な何かを感じさせられた。

対して本書はというと原色で狂ったような太陽の明るさや熱風、サリーを着た女性や乞食の息遣い、家畜の糞尿や人間の死体の匂いを間近に感じてしまう。
テーマは『3メートル空中浮揚するヨガの行者を探すこと』なのにである。
これが妥当な表現かどうかはわからないが
”力が入っていないのに筆力がある?”ということだろうか。
何より、椎名さんの本は読んでていつも元気が出る

妹尾河童さんの解説から、インドに長く暮らしていた知り合い曰く
【インドって多面的な国だから、どんなに表現しても”これがインドだ”なんて決めつけるのは無理。だからもっともらしくインドを紹介したものより、その人が感じたインドが実感的に書かれているもの方がずっと信用できる。百人の人がインドを旅すれば百通りのインドがあるはず。】
後悔は先に立ちませんが、発刊された当初借りて読んでおればと思ふ
今もインドの女性はサリーを来ているのだろうか?
そしてインド人は今も毎日カレーを食しているのだろうか?
日本インド化計画
筋肉少女帯



こちらもおすすめ
印度放浪 (朝日文庫)印度放浪 (朝日文庫)
(1993/05)
藤原 新也

商品詳細を見る
スポンサーサイト
飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ(井村和清)
2011-07-06 (水) 22:15 | 編集
この本をいい歳こいたオヤジが人前で読んではいけない。
オロロ~ン
札幌に帰る車中人目を憚らず涙する中年オヤジがいました。
涙がオヤジの薄汚い心を洗い流してくれました。

飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ―若き医師が死の直前まで綴った愛の手記 (祥伝社黄金文庫)飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ―若き医師が死の直前まで綴った愛の手記 (祥伝社黄金文庫)
(2002/06)
井村 和清

商品詳細を見る

ふたりの子供たちへ
心のやさしい思いやりのある子に育ちますように。
悲しいことに、私はお前たちが大きくなるまで待っていられない。
私の右膝に発症した肉腫は、私が自分の片足を切断する手術を希望し、その手術が無事に済んだのにかかわらず、今度は肺へ転移した。
         中略
思いやりのある子とは、周りの人が悲しんでいれば共に悲しみ、喜んでいる人がいれば、その人のために一緒に喜べる人のことだ。
思いやりのある子は、まわりの人を幸せにする。
まわりの人を幸せにする人は、まわりの人によってもっともっと幸せにされる、世界で一番幸せな人だ。
だから心の優しい、思いやりのある子に育って欲しい。
それが私の祈りだ。
さようなら。
おまえたちがいつまでも、いつまでも幸せでありますように。
雪の降る夜に  父より
 君を忘れない
defaultCA1MDZR2.jpg
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。