FC2ブログ
もうひとつの本棚(侍日誌)
瀕死の中年親父による癒しと感動日記(心ピカピカですか?)
スポンサーサイト
-------- (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ある明治人の記録-会津人柴五郎の遺書(石光真人)
2012-11-30 (金) 18:17 | 編集
 
冒頭『本書の由来』より
翁は会津の出身、上級武士の五男として生まれ、我が国における最初の政治小説『佳人之奇遇』十六巻の著者、柴四郎(東海散士、参政官)の実弟である。祖母、母、姉妹は会津戦争の際自刃、一族に多くの犠牲者を出している。落城後俘虜として江戸に収容、後に下北半島の火山灰地に移封され、公表をはばかるほどの悲惨な飢餓生活を続けた。薩長幕藩政治が華やかに維新を飾り立てた歴史から全く抹殺された暗黒の歴史である。
 脱走、下僕、流浪の生活を経て軍界に入り、幕藩の外にありながら、陸軍大将、軍事参議官の栄誉を得た逸材であり、中国問題の権威として軍界に重きをなした人である。
ある明治人の記録―会津人柴五郎の遺書 (中公新書 (252))ある明治人の記録―会津人柴五郎の遺書 (中公新書 (252))
(1971/05)
石光 真人

商品詳細を見る


勝てば官軍、負ければ賊軍
我が国でも佐幕方五万余、官軍方七万余り、日清戦争に匹敵する内乱があったことを知った
歴史からの隠蔽の実態を本書だけから言及することはできないが、負けた側にスポットライトが当たることはなかったのだろうことは想像に難くない 

初志貫徹

 10歳の時の会津戦争敗戦後の逃亡、俘虜生活、下北半島での飢餓、東京での放浪など筆舌し難い苦難を乗り越え、幸運にも15歳で陸軍幼年学校に入学する
それまで学問の機会は乏しく、書物も無く独学も十分かなわなかったことから同期生に比べ当初の成績は最下位だった
しかし寝る間も惜しみ勉学に励み成績は上位となる
陸軍士官学校に入学し、西南戦争終了の年をもって薩摩藩への雪辱を果たし翁の遺書は終わっている

拙者的感想
プライドの高い高級武士の子息が感じた抗し難い不条理は如何程のものだったか思いを馳せ、その後の翁の立身出世に救われた気がした
オロロ~ン

大東亜戦争後の変化を受け入れた昭和人が自ら作り出した閉塞感
に立ち向かうため個々が参考とすべきは明治人の気質かもしれない
明治の人が残した言葉に、凛とした清浄感と暖かみを感じた

             明治が止まらない  
sinsen2.jpg




スポンサーサイト
海と毒薬(遠藤周作)
2012-11-29 (木) 23:38 | 編集
大東亜戦争末期、九州の病院で起こったアメリカ人捕虜の生体解剖を
モチーフに日本人とは何か?良心とは何か?を問いかける

引越しで勝呂医師の患者となった気胸の持病を持つ『私』は当時の新聞記事から事件について知る。
解剖に立ち会った医局員は12名、主任教授はまもなく自殺し、主だった被告はそれぞれ重い罰を受けていたが、3人の医局員だけが懲役2年で済んでおり、勝呂医師はその中の一人だった。
海と毒薬 (新潮文庫)海と毒薬 (新潮文庫)
(1960/07/15)
遠藤 周作

商品詳細を見る


第二章『裁かれる人々』では3名の医局員が何故この事件に関わったのか、それぞれの内面から照らし、関与するに至る心の動きを浮き彫りにしている。
心身が傷つき、次第に深まる絶望感、生への諦めを感じる者の健やかなる者に対する嫉妬、羨望、生理的な反発
良心の希薄さ、罪の意識の欠如は希なるものの特質なのか
健全な良心を持つものが、無意識のうちに罪に加担することは非日常的なことなのか

そもそも人間は何に対して罪を感じるべきなのか
戦場では殺人は許されるし、飲酒や徴兵、堕胎など法律、宗教、文化により善も悪も違う
一体護るべきものは、何なのだろうか
思索の森は深くなる


椎名林檎-罪と罰
default_20121129234202.jpg
流れる星は生きている(藤原てい)
2012-11-09 (金) 17:20 | 編集
戦後間もない頃のベストセラー
幼子3人を連れ、満州からかろうじて死線を超え引き揚げた女性の手記
生きる力がわいてこないと嘆く、ひ弱な平成人はこれを読め
流れる星は生きている (中公文庫BIBLIO20世紀)流れる星は生きている (中公文庫BIBLIO20世紀)
(2002/07)
藤原 てい

商品詳細を見る

極限において生き延びるために手段を選ぶことは出来ない。
誤解を恐れずに言うが、ひょっとして人間は生きるための糧を失ったとき、生きるための力を自ら生み出すのだろうか
喉元に刃を突きつけられられて人は初めて生きるための強い意志を自ら確認できるのかもしれない

7歳になったばかりの長男は、私が3歳の次男に自分の食糧を与えようとするのを見て、「お母さん、僕のをお母さんにあげるよ、お母さんおなかがすいておっぱいが出ないんでしょう」とまだ半分食べ残して歯の跡が付いているお芋を差し出した。

これでもか、これでもかと襲いかかる試練は名作「老人と海」を超えるかもしれない
  負けないで
default_20120820225559.jpg

2012年11月8日 カフェで読書好きが交流する会に参加
本書と「夜と霧」について語りました
3年遅れの本棚夜と霧
今回は人数も最多、新たなメンバーも加わりパワーアップです
皆さんからは以下の本をご紹介いただきました

AOさん ソードアウトオンライン 川原礫
TMさん 三田の詩人達 篠田一士
HIさん 「裸のサル」の幸福論 デズモンド・モリス
     心にズドン!と響く運命の言葉 ひすいこうたろう
HRさん きみのためのばら 池澤夏樹
TGさん 名画と読むイエス・キリスト 中野京子
     おもたせ暦 平松洋子
UYさん 自信の作りかた 青木仁志
     29歳からの人生戦略ノート(金田博之)

恒例の読まずに死ねるか! 
AOさん 化物語 西尾維新
     ダブルブリット 中村恵里加
TMさん 意識と本質 井筒俊彦
TGさん 彼の生き方 遠藤周作
     ブレードランナー(初期劇場公開版DVD)
ITさん 半眼訥訥 高村薫
HIさん 大黒屋光太夫 吉村昭

永遠に死ねそうも無い
読書は不老長寿のクスリなり
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。