もうひとつの本棚(侍日誌)
瀕死の中年親父による癒しと感動日記(心ピカピカですか?)
スポンサーサイト
-------- (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
流れる星は生きている(藤原てい)
2012-11-09 (金) 17:20 | 編集
戦後間もない頃のベストセラー
幼子3人を連れ、満州からかろうじて死線を超え引き揚げた女性の手記
生きる力がわいてこないと嘆く、ひ弱な平成人はこれを読め
流れる星は生きている (中公文庫BIBLIO20世紀)流れる星は生きている (中公文庫BIBLIO20世紀)
(2002/07)
藤原 てい

商品詳細を見る

極限において生き延びるために手段を選ぶことは出来ない。
誤解を恐れずに言うが、ひょっとして人間は生きるための糧を失ったとき、生きるための力を自ら生み出すのだろうか
喉元に刃を突きつけられられて人は初めて生きるための強い意志を自ら確認できるのかもしれない

7歳になったばかりの長男は、私が3歳の次男に自分の食糧を与えようとするのを見て、「お母さん、僕のをお母さんにあげるよ、お母さんおなかがすいておっぱいが出ないんでしょう」とまだ半分食べ残して歯の跡が付いているお芋を差し出した。

これでもか、これでもかと襲いかかる試練は名作「老人と海」を超えるかもしれない
  負けないで
default_20120820225559.jpg

2012年11月8日 カフェで読書好きが交流する会に参加
本書と「夜と霧」について語りました
3年遅れの本棚夜と霧
今回は人数も最多、新たなメンバーも加わりパワーアップです
皆さんからは以下の本をご紹介いただきました

AOさん ソードアウトオンライン 川原礫
TMさん 三田の詩人達 篠田一士
HIさん 「裸のサル」の幸福論 デズモンド・モリス
     心にズドン!と響く運命の言葉 ひすいこうたろう
HRさん きみのためのばら 池澤夏樹
TGさん 名画と読むイエス・キリスト 中野京子
     おもたせ暦 平松洋子
UYさん 自信の作りかた 青木仁志
     29歳からの人生戦略ノート(金田博之)

恒例の読まずに死ねるか! 
AOさん 化物語 西尾維新
     ダブルブリット 中村恵里加
TMさん 意識と本質 井筒俊彦
TGさん 彼の生き方 遠藤周作
     ブレードランナー(初期劇場公開版DVD)
ITさん 半眼訥訥 高村薫
HIさん 大黒屋光太夫 吉村昭

永遠に死ねそうも無い
読書は不老長寿のクスリなり
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL :
コメント: :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
札幌で読書会を主催している社会人の学び支援家こと宇山です。 美術館沿いの歩道は冷たい晩秋の雨をすった落ち葉でおおわれていました。 詩とパンとカフェの店モンクールで開催する
2012/12/03(月) 04:14 | 札幌ビジネス読書会オフィシャルサイト 
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。